脇の黒ずみの原因メラニンとスキンケア対策について

いつの頃からか脇の黒ずみが目立つようになり解消するためゴシゴシ擦ってお手入れをされてませんか?
この方法でされてると実は返って逆効果となり余計に脇の黒ずみを酷くさせてしまうことになるかもしれません。

またお肌にとってもあまり喜ばしくない洗い方でもありますので、まずはどうして黒ずんでしまうのか原因を知らなければいけません。

脇の黒ずみの度合いとしては人によっては信じられないくらい真っ黒になる場合もありますので深刻な悩みでもあります。

実際それほど目に付く部位ではないのですが、だからといってそのままにしてたら薄着のときや、いざというときに恥ずかしい思いをするのは自分自身ですし、どうせなら黒ずんでない状態のお肌の方が当然ながら嬉しいことではないでしょうか。

そこで原因について理解するべき基本的なこととしてメラニン生成と定着があります。

メラニンが黒ずみの原因

メラニンとは角質層と細胞、色素、基底層のメラノサイトからなり、お肌に刺激を受けた場合に防衛本能としてメラノサイトが生成されます。

刺激とはつまり日焼けをされたときにお肌が黒くなる状態になるとメラニンが生成され、締め付けや矯正下着によって繊維とお肌が擦れて摩擦ダメージから黒くなる場合と、洗濯剤や制汗スプレーなど配合されてる成分からお肌に反応して黒くなるなどの原因が挙げられます。

またターンオーバーの乱れによって代謝サイクルが著しくなり古い角質が剥がれにくくなったり、メラニン色素がそのままになって脇の黒ずみを引き起こしてしまうという原因なども考えられます。

また汗かきや生理不順や寝つきがよくなくなったりなどホルモンバランスの乱れによる変化など原因としては様々なですが、解消するには黒ずんでしまったものを排除することと、これから黒ずみを作らないようにすることが挙げられます。

黒ずみを作らない対策とスキンケア

まずは、再びできないようにするため原因を排除すること、つまり紫外線や摩擦や成分などに注意しながら脇の黒ずみにならないように心がけることから始めることが重要です。

そして黒ずんでしまったものには保湿と栄養補給をしながらスキンケアを続けていかなければいけませんので根気との闘いとなります。そのためには効果的なクリームなどを使うことは大切ですが、なるべく低刺激のものを選ぶようにしておきましょう。参考:脇 黒ずみ 治し方

種類も豊富にありますが、値段が高ければいいというものではなく自身に適した成分をチェックして黒ずまないように選んで脇の黒ずみ対策を心がけてみてください。

脇の黒ずみを隠すにはファンデーションを使うと良い

脇の黒ずみというのは気になる人は気になりますし、他人に見られるかもしれないという想定のもとでは、なんとか隠そうとするのではないでしょうか?

しかし、どうやって隠せば良いのか?分からない人もいると思います。脇の黒ずみを隠したいならば、ファンデーションというのが1つ有効です。

顔にもファンデーションを塗りますけど、それと同じような感覚で脇にも塗っていくと、気になる部分を隠すことができるのです。

特に夏などの季節は脇が空いている洋服を着る人も多いので、そのときにはファンデーションを利用して隠していくと、周りの目が気にならないように過ごすことができると思います。

黒ずみを隠すファンデーションの選び方

しかし、ファンデーションを使って脇の黒ずみを隠すときには、1つ大きな注意点があります。
それはファンデーションの選び方についてです。

脇に使うファンデーションというのは、顔に使うファンデーションと同じではありません。
つまり、いつも使っている顔につけるファンデーションをそのまま脇に使っても良いということではないので、それは知っておかないといけないのです。

というのも、顔につけるファンデーションと脇につけるファンデーションは構成というか、成分が違うので、脇専用のものを選ばないと効果が出づらい可能性があります。

よくあるのは顔のファンデーションについては、汗をかいてしまうとファンデーションが流れてしまうということで、それを脇につけると、汗ですぐに流れてしまうということです。

脇を露出するのは夏などの汗をかきやすい季節で、そういうときには特に脇の黒ずみを隠したいと思う人が多くいると思いますが、汗をかきやすい季節に脇に顔に使うファンデーションを塗っても、汗によってすぐに流れてしまい、効果が発揮されないということが考えられます。

顔よりも脇の方が汗をかきやすいということも言えると思うので、顔に使うファンデーションをそのまま脇に使うだけでは不十分ということになります。

脇の黒ずみを解消するときには、脇に使うファンデーションというものが売っていますから、それを購入して使っていくということが求められるのです。

脇の黒ずみというのはファンデーションを使うことで、簡単に隠すことができるので、適切な商品を買って、それで対策をしていくと良いです。

脇を露出して出歩くときには、事前にこういう対策をしていくことで、周りの目を気にしないで過ごすことができるのではないでしょうか?

脇汗デオドラント、しっかり落とさないと黒ずみの原因に

脇と言えばニオイや汗で悩んでいる人が多いと思います。
しかし、ニオイや汗のケアをする事で、今度は黒ずみと言う新たな悩みが発生してしまうのをご存知ですか?

鏡にうつった自分の脇が何だか黒ずんでいると感じた事はありませんか?これらは主にムダ毛処理時の刺激などが原因だと考えられています。しかし、それ以外にも脇の黒ずみの原因があるのです。

それは、何かと言うと脇汗対策としては、必須のデオドラント剤です。

黒ずみの原因は、色素の沈着です。
そして、デオドラント剤は化学物質で出来ています。

その化学物質が肌に付いて残ってしまう事で、色素沈着を起こしてしまうのです。しかも、デオドラント剤は汗をしっかりと抑えるために、非常に小さな分子で出来ています。

ですから、肌に入り込んでしまうと、しっかりと落とされずに残ってしまう事が多いようです。もともと、落ちにくく肌に残りやすく作られているのです。

また、脇はムダ毛処理の仕方によっては、炎症を起こしやすく敏感になっている事があります。そこに、デオドラント剤が付いてしまうと、更に炎症がひどくなり、それが傷や跡に。

炎症までいかなくとも、痒みが原因で掻き毟ってしまう事も。そうすると、これまた黒ずみの原因となってしまいます。

制汗デオドラントを使用している人の黒ずみケア方法

と言う事で、デオドラント剤を使用している人は、黒ずみケアをする事をおすすめします。

まず、一番に必要な事。それは、体を洗う時は、しっかりとデオドラント剤を落とす事です。

今のデオドラント剤はかなり進化しているので、汗に落ちにくく、強力になっています。そこで、もっちりした泡で優しく丁寧に洗う事が一番の黒ずみ対策となります。

くれぐれもここで、ゴシゴシと力を入れて洗いすぎない事も大切です。刺激が強すぎると肌を痛める事になり、逆効果となってしまいます。

それから、週に1度程度、ゴマージュやスクラブをしてあげると効果はアップします。いくらキレイに洗っているとはいえ、落ちにくく作られたデオドラント剤です。完全に取りきるのは、なかなか困難です。

そこで、古い角質を落とす効果のある洗浄剤を使用する事でしっかりと落とす事が出来ます。このケアは、デオドラント剤の汚れに限らず、他の黒ずみに関しても効果があるのでおすすめです。

脇のニオイ悩みを解消してくれるデオドラント剤、女性にとっては手放せない必需品です。しかし、そのせいで脇の黒ずみが出来てしまっては、意味がありません。

その日のデオドラント剤は出来るだけ、肌に残さず。それを意識すれば新たな脇の悩みを増やすことなく、快適に過ごす事が出来るはずです。

脇の黒ずみに悩んでいる方必見、美白できるおすすめ食べ物とは?

脇の黒ずみが気になると、ノースリーブなど素肌を露出した洋服や水着などのファッションが楽しめなくなります。

脇の黒ずみを薄く消したい方におすすめなのが「美白を意識した食事を摂る方法」です。今すぐキレイになれる、とっておきの食べ物をご紹介します。

 パプリカ

レモンの2倍のビタミンCを持つ、美肌食材パプリカ。
最近ではインスタ映えする野菜ということもあり、スーパーの野菜コーナーにはオレンジ・黄色・赤など、色彩豊かなパプリカが並んでいます。

パプリカの一番の特徴は火を加えても、栄養価が損なわれないこと。サラダとして生のまま頂くのはもちろん、野菜炒めや蒸し煮にしても美味しくいただけます。

秋の果物としてお馴染み、柿。美白に嬉しいLシステインが豊富に含まれていて、食べるだけで脇の黒ずみをオフしてくれます。

化粧水などに含まれるLシステインは、メラニンの生成を抑える働きがあります。すでに出来てしまったメラニン色素の働きを阻害し、クリアな肌に整えてくれるため脇の黒ずみを無かったことにしたい方にも向いています。

柿の1日あたりの目安は1個。食後のデザートとして、美味しくいただくのがおすすめです。

 こんにゃく

豆腐よりもカロリーが低いこんにゃく。ダイエットしながら脇の黒ずみをケアしたい方にもおすすめです。

こんにゃくには美容成分セラミドが含まれていて、潤いのある肌へ導く働きがあります。ガサガサに乾燥した肌のバリア機能を正常に整え、水分量をコントロールしてくれるため、毎日少しずついただくことで、赤ちゃんのような柔らかボディへ。

脇の黒ずみやカサつきに悩まされにくくなります。1日の目安は約半丁。田楽やおでんなど温かくしていただくと、体のめぐりが良くなり冷え症も緩和されます。

 トマト

真っ赤に熟したトマトは、女性の大好きな野菜です。
トマトには栄養豊富なリコピンが含まれています。

リコピンには黒ずみを生み出すチラシナーゼの働きを抑える嬉しい効果が期待されています。体内のサビでもある活性酸素を減らす作用もあるため、いつまでも若々しい素肌でいられます。

黒ずみが目立つ脇も、トマトを日々の生活で取り入れることによって飛躍的に改善。透き通るような天使の脇に変身してくれます。

・おわりに

脇の黒ずみが気になる方に、朝食やランチに積極的に摂りいれたい食べ物をご紹介しました。

美しさは内面から作られる…といわれるように、ホワイトで瑞々しい脇も、日々の食べ物から生まれています。美味しいからと脂っこい揚げ物やファストフードで済ませていると、脇の黒ずみを悪化させることにもなり要注意。

規則正しいライフスタイルと、バランスの取れた食生活がキレイを宿してくれます。
ぜひ体に良い食べ物を知って、澄んだ脇を手に入れてくださいね。

IPL脱毛で脇の黒ずみを解消

脇のムダ毛は生えやすく成長しやすいので、多くの人がシェイバーやカミソリなどで毎日処理をしています。脇の肌で刃を滑らせることで、肌から出ているムダ毛をカットするのです。

しかしその過程で、肌も一緒に削られることがあります。しかも毎日剃るわけですから、肌へのダメージは日に日に蓄積していきます。
肌にはダメージを受けると、メラニン色素を作り出すという性質があります。
そのため毎日のダメージで、脇の肌ではどんどんメラニン色素がたまっていきます。これが、脇の黒ずみの原因となっているのです。

したがって脇の黒ずみは、シェイバーやカミソリの使用をやめれば、食い止めることが可能となります。しかもメラニン色素は、肌のターンオーバーによって徐々に除去されていきます。

そのため新しいメラニン色素を増やさなければ、黒ずみはだんだんと薄くなっていくのです。しかしムダ毛は、処理をしなければ増える一方となります。黒ずみがなくなっても、ムダ毛が増えたのでは、結局脇は美しい状態にはなりません。

IPL脱毛とは?なぜ黒ずみに効果的なのか?

ところがIPL脱毛をすれば、黒ずみを生じさせることなく脇のムダ毛を除去できます。IPL脱毛とは、黒い色に反応するインテンスパルスライトを照射して、ムダ毛を熱するという美容脱毛です。

熱されたムダ毛は、伸びることができなくなって抜け落ちます。しかもムダ毛の根元にある毛根も一緒に熱されるので、そこからはムダ毛は生えにくくなります。これにより、脇はムダ毛のない状態を維持できるようになるのです。

それでいてIPL脱毛では、シェイバーやカミソリを使った処理と異なり、肌が削られる心配がありません。インテンスパルスライトは肌の明るい色には強く反応しないので、照射しても肌はわずかに温められるだけで済みます。そのためムダ毛が減っていくにもかかわらず、メラニン色素は作られないわけです。

しかもインテンスパルスライトによる温もりで、肌ではターンオーバーが進みやすくなります。ターンオーバーが進めば進むほど、肌からはメラニン色素が多く除去されます。

これにより、既に黒ずみが生じていた場合には、それがハイペースで解消されていくことになります。現にインテンスパルスライトは、美容系クリニックでのフォトフェイシャルという美白治療にも使われています。

フォトフェイシャルでは、顔のくすみやシミを薄くしていくことができます。したがってIPL脱毛を受ければ、脇でも美白効果が期待できるようになるのです。

そのことから脇のムダ毛と黒ずみに悩む人の多くが、IPL脱毛を積極的に受けています。

肌の黒ずみの原因は?原因から予防を考える


キレイにしているはずなのに、肌が黒っぽく見えてくすんで汚らしくなってしまうのはどうしてでしょう。黒ずみというのは、過剰に分泌したメラニン色素が排出されないまま肌に蓄積してしまうためできてしまうものです。

つまりメラニン色素が生成されないようにすることと、出来てもスムーズに排出されれば肌は黒ずまないということなのです。

時間が経った黒ずみほど肌奥に沈着しているため、肌がキレイになるまで時間はかかってしまいます。黒ずみができたなら早くに対処を始めることで、少しでも早く肌をキレイにすることもできます。

黒ずみができやすい部位は?

自己処理での刺激が多い上、汗をよくかくことで肌が知らないうちに乾燥しているのが脇です。

脇は普段は隠れているためあまり気にしない人もいるでしょうが、夏になって露出が増え始めると気になり始めます。

繰り返しカミソリで自己処理をしているとムダ毛があるせいで気づきにくいのですが、脱毛をして肌がつるつるになると肌が黒ずんでいることに気付きます。

脇の黒ずみは長年に渡って蓄積している黒ずみであることが多いため時間はかかります。ですが自己処理を止めて、お風呂上りなど保湿ケアをすることで少しずつ黒ずみも代謝されていきます。

そして肌が薄く皮脂の分泌が少ないため乾燥しやすいのが、ヒザやヒジなどです。
日常的に曲げ伸ばしすることが多く、ヒジをついた姿勢、座る時にヒザ立ちをよくする人などは知らないうちに摩擦刺激も受けています。

スカートを履くとヒザは露出するため、ヒザの黒さを気にしている人も少なくはないはずです。
見た目にもカサカサしているのが分かる人は明らかに乾燥していますので、日頃から保湿をすることと、摩擦刺激を避ける姿勢を止めることが大切です。

また服装も関係していて、体にフィットする素材が好きな人というのは摩擦から黒ずみやすいです。
黒ずみが気になるのなら、タイトな服装よりもゆったりとした綿のような天然素材のファッションがおすすめです。

黒ずみをキレイにするためには?

乾燥している部位というのは、肌のターンオーバーも乱れがちです。
何よりも保湿をしてターンオーバーを正常化することが重要です。

ただこれだけでは黒ずみが完全にキレイになることはありませんので、ひどい黒ずみの場合には積極的に美白クリームを使ってみたり、抗酸化力の高いサプリメントなどを飲むことも併用していく必要があります。

肌の状態が良くなれば、黒ずみも自然に排出されていきます。
そのためには短期間で結果を出そうとするとするよりも、じっくりと時間をかけていくことが大切です。