肌の黒ずみの原因は?原因から予防を考える


キレイにしているはずなのに、肌が黒っぽく見えてくすんで汚らしくなってしまうのはどうしてでしょう。黒ずみというのは、過剰に分泌したメラニン色素が排出されないまま肌に蓄積してしまうためできてしまうものです。

つまりメラニン色素が生成されないようにすることと、出来てもスムーズに排出されれば肌は黒ずまないということなのです。

時間が経った黒ずみほど肌奥に沈着しているため、肌がキレイになるまで時間はかかってしまいます。黒ずみができたなら早くに対処を始めることで、少しでも早く肌をキレイにすることもできます。

黒ずみができやすい部位は?

自己処理での刺激が多い上、汗をよくかくことで肌が知らないうちに乾燥しているのが脇です。

脇は普段は隠れているためあまり気にしない人もいるでしょうが、夏になって露出が増え始めると気になり始めます。

繰り返しカミソリで自己処理をしているとムダ毛があるせいで気づきにくいのですが、脱毛をして肌がつるつるになると肌が黒ずんでいることに気付きます。

脇の黒ずみは長年に渡って蓄積している黒ずみであることが多いため時間はかかります。ですが自己処理を止めて、お風呂上りなど保湿ケアをすることで少しずつ黒ずみも代謝されていきます。

そして肌が薄く皮脂の分泌が少ないため乾燥しやすいのが、ヒザやヒジなどです。
日常的に曲げ伸ばしすることが多く、ヒジをついた姿勢、座る時にヒザ立ちをよくする人などは知らないうちに摩擦刺激も受けています。

スカートを履くとヒザは露出するため、ヒザの黒さを気にしている人も少なくはないはずです。
見た目にもカサカサしているのが分かる人は明らかに乾燥していますので、日頃から保湿をすることと、摩擦刺激を避ける姿勢を止めることが大切です。

また服装も関係していて、体にフィットする素材が好きな人というのは摩擦から黒ずみやすいです。
黒ずみが気になるのなら、タイトな服装よりもゆったりとした綿のような天然素材のファッションがおすすめです。

黒ずみをキレイにするためには?

乾燥している部位というのは、肌のターンオーバーも乱れがちです。
何よりも保湿をしてターンオーバーを正常化することが重要です。

ただこれだけでは黒ずみが完全にキレイになることはありませんので、ひどい黒ずみの場合には積極的に美白クリームを使ってみたり、抗酸化力の高いサプリメントなどを飲むことも併用していく必要があります。

肌の状態が良くなれば、黒ずみも自然に排出されていきます。
そのためには短期間で結果を出そうとするとするよりも、じっくりと時間をかけていくことが大切です。