脇汗デオドラント、しっかり落とさないと黒ずみの原因に

脇と言えばニオイや汗で悩んでいる人が多いと思います。
しかし、ニオイや汗のケアをする事で、今度は黒ずみと言う新たな悩みが発生してしまうのをご存知ですか?

鏡にうつった自分の脇が何だか黒ずんでいると感じた事はありませんか?これらは主にムダ毛処理時の刺激などが原因だと考えられています。しかし、それ以外にも脇の黒ずみの原因があるのです。

それは、何かと言うと脇汗対策としては、必須のデオドラント剤です。

黒ずみの原因は、色素の沈着です。
そして、デオドラント剤は化学物質で出来ています。

その化学物質が肌に付いて残ってしまう事で、色素沈着を起こしてしまうのです。しかも、デオドラント剤は汗をしっかりと抑えるために、非常に小さな分子で出来ています。

ですから、肌に入り込んでしまうと、しっかりと落とされずに残ってしまう事が多いようです。もともと、落ちにくく肌に残りやすく作られているのです。

また、脇はムダ毛処理の仕方によっては、炎症を起こしやすく敏感になっている事があります。そこに、デオドラント剤が付いてしまうと、更に炎症がひどくなり、それが傷や跡に。

炎症までいかなくとも、痒みが原因で掻き毟ってしまう事も。そうすると、これまた黒ずみの原因となってしまいます。

制汗デオドラントを使用している人の黒ずみケア方法

と言う事で、デオドラント剤を使用している人は、黒ずみケアをする事をおすすめします。

まず、一番に必要な事。それは、体を洗う時は、しっかりとデオドラント剤を落とす事です。

今のデオドラント剤はかなり進化しているので、汗に落ちにくく、強力になっています。そこで、もっちりした泡で優しく丁寧に洗う事が一番の黒ずみ対策となります。

くれぐれもここで、ゴシゴシと力を入れて洗いすぎない事も大切です。刺激が強すぎると肌を痛める事になり、逆効果となってしまいます。

それから、週に1度程度、ゴマージュやスクラブをしてあげると効果はアップします。いくらキレイに洗っているとはいえ、落ちにくく作られたデオドラント剤です。完全に取りきるのは、なかなか困難です。

そこで、古い角質を落とす効果のある洗浄剤を使用する事でしっかりと落とす事が出来ます。このケアは、デオドラント剤の汚れに限らず、他の黒ずみに関しても効果があるのでおすすめです。

脇のニオイ悩みを解消してくれるデオドラント剤、女性にとっては手放せない必需品です。しかし、そのせいで脇の黒ずみが出来てしまっては、意味がありません。

その日のデオドラント剤は出来るだけ、肌に残さず。それを意識すれば新たな脇の悩みを増やすことなく、快適に過ごす事が出来るはずです。