脇の黒ずみの原因メラニンとスキンケア対策について

いつの頃からか脇の黒ずみが目立つようになり解消するためゴシゴシ擦ってお手入れをされてませんか?
この方法でされてると実は返って逆効果となり余計に脇の黒ずみを酷くさせてしまうことになるかもしれません。

またお肌にとってもあまり喜ばしくない洗い方でもありますので、まずはどうして黒ずんでしまうのか原因を知らなければいけません。

脇の黒ずみの度合いとしては人によっては信じられないくらい真っ黒になる場合もありますので深刻な悩みでもあります。

実際それほど目に付く部位ではないのですが、だからといってそのままにしてたら薄着のときや、いざというときに恥ずかしい思いをするのは自分自身ですし、どうせなら黒ずんでない状態のお肌の方が当然ながら嬉しいことではないでしょうか。

そこで原因について理解するべき基本的なこととしてメラニン生成と定着があります。

メラニンが黒ずみの原因

メラニンとは角質層と細胞、色素、基底層のメラノサイトからなり、お肌に刺激を受けた場合に防衛本能としてメラノサイトが生成されます。

刺激とはつまり日焼けをされたときにお肌が黒くなる状態になるとメラニンが生成され、締め付けや矯正下着によって繊維とお肌が擦れて摩擦ダメージから黒くなる場合と、洗濯剤や制汗スプレーなど配合されてる成分からお肌に反応して黒くなるなどの原因が挙げられます。

またターンオーバーの乱れによって代謝サイクルが著しくなり古い角質が剥がれにくくなったり、メラニン色素がそのままになって脇の黒ずみを引き起こしてしまうという原因なども考えられます。

また汗かきや生理不順や寝つきがよくなくなったりなどホルモンバランスの乱れによる変化など原因としては様々なですが、解消するには黒ずんでしまったものを排除することと、これから黒ずみを作らないようにすることが挙げられます。

黒ずみを作らない対策とスキンケア

まずは、再びできないようにするため原因を排除すること、つまり紫外線や摩擦や成分などに注意しながら脇の黒ずみにならないように心がけることから始めることが重要です。

そして黒ずんでしまったものには保湿と栄養補給をしながらスキンケアを続けていかなければいけませんので根気との闘いとなります。そのためには効果的なクリームなどを使うことは大切ですが、なるべく低刺激のものを選ぶようにしておきましょう。

種類も豊富にありますが、値段が高ければいいというものではなく自身に適した成分をチェックして黒ずまないように選んで脇の黒ずみ対策を心がけてみてください。